「胃は人間の中心」 胃と嘔吐症のお話し。 ki10.

「胃は人間の中心です。胃と嘔吐症。」のお話し。

(気の絵本パート7.)

「気の絵本」 タイトル(仮)

「親子で読んで欲しい東洋医学の本」 サブタイトル(仮)

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
 ・
  • 「小学生にも読んで欲しい東洋医学の本」と言う視点から漢方の古典を解説します。
  •  古典エッセイ風に書いてみます。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「胃は人間の中心です。胃と嘔吐症。」のお話し。

 ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
17757186_759148054265674_7681301266957353313_n
 pastelアート: Miyu Gondo
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
 15713163_1892066647683805_1699153734_n
「胃は人間の中心」pastelアート:福重歌織
 ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
17948409_762122897301523_1976533831_o
  pastelアート: Miyu Gondo
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

「胃は人間の中心、胃と嘔吐症。」のお話し。

著作:山口一誠

  • 東洋医学では、人が快適に生きる為には「先天の気」と「後天の気」の両方が必要だと考えます。
  • 「先天の気」は、父母より受け継いだ生命「気血」の源(みなもと)です。
  • 「後天の気」は、生命を維持する為に食物を消化吸収することによって身体を養うものです。
  • そして、「胃」が食物を受容し「後天の気」を作る中心です。
  • だから、胃は人間の中心になります。
  • 「食べれない」ことにも色々とあります。
  • 一、食不思(ショクフシ)は、食欲がなく「食べたくない」状態です。
    二、不食(フショク)は、食欲があっても「食べられない」状態です。
    三、不味(フミ)は、何を食べても味がしない状態です。
    四、食滯(ショクタイ)は、吐くことも下痢もしない食中毒の症状です。
    五、停食(テイショク)は、消化不良のことで食もたれ症状です。
    六、痰聚(タンシュウ)は、胃のもたれ症状です。
  •  
    胃の調子が悪くなると食事をすることが出来なくなります。
  • そして、胃の調子が悪くなる事での「嘔吐症」があります。
  • 東洋医学では「嘔吐」を「嘔」と「吐」の二つに分類します。
    「嘔」は、声あって物無し、吐き気だけです。
    心配事がある時は「嘔」が多いです。
    「吐」は、声あって物有り、本当に吐く事です。
  • 「嘔吐症」になる人は、胃が虚弱になっています。
  • 嘔吐の病症にはそれぞれの原因があります。
  • 「内傷の気」が自分自身を内攻して心因性の嘔吐を誘発します。
    「内傷の気」とは七情のことです。
    七情とは、怒、喜、憂、思、悲、驚、恐、の感情の事です。
    「停食」や「痰聚」の状態になり易い人は、心配事が多く思い考え過ぎる人です。
    心配事があると精神を労して心因性胃炎を起こし「嘔吐症」になります。
  • 婦人の「つわり症状」から嘔吐を誘発します。
  • 酒の飲みすぎで嘔吐します。
  • そして、次のような状況に置かれると嘔吐の症状がさらに悪化します。
  • 身体が冷える寒い所や、湿気の多い所に長時間いた場合です。
    或いは暴飲暴食や胃腸に悪い食べ物を取った時です。
    また、嘔吐物に血の雑(まじ)った物を吐く場合があります。
    これは、心下部に瘀血(オケツ:古血)の固まりがあり胃潰瘍や胃癌を起こしている場合です。
  • 嘔吐の治療方針を正しく出すためには患者の「脉状」と「病状」を良く診て治療方法をだします。
  • 鍼灸では「胃の気」の脉診法があります。
    浮脉と沈脉の間に中脉というのがあります。
    身体と言うのは生まれてから後は食物によって栄養されています。
    栄養されていると言う事は五臓の全てはが「胃の気」の恩恵を受けていると言う事です。
    その「胃の気」が、中脉にしっかり診れる人は死にません。
  • 嘔吐の病気になっている患者の脉状で、
    脉状が「実大の脉」固くて大きい脉のときは治療が難しいです。
    脉状が「虚細の脉」細くて虚しているときは治し易いです。
  • 寒い所にいて身体が冷えた時の「嘔吐症」は、
    脉状は、沈ずんで緊張した「沈緊」の脉になっています。
    病状は、手足が冷たくなり、飲食が入らない為に「嘔」声あって物無しの「吐き気け」の症状です。
  • 暑邪に侵され身体が熱くなった時の「嘔吐症」は、
    脉状が、速くなりピーンと張った弦の様な「弦数」の脉になっています。
    病状は、胸息れがして喉がカラカラになり嘔吐します。
  • 嘔吐症の治療方法
  • 一、鍼灸での「嘔吐症」の治療方法は、
  • 心因性が原因の「嘔吐症」の治療方法、
    この時は「嘔」声あって物無しの「吐き気」の症状が多いです。
    怒り、気持ちがイライラしての「嘔吐症」には、肝経の気の調整をします。
    心配事が多く憂いての「嘔吐症」には、肺経の気の調整をします。
    仕事のことで思い考え過ぎての、嘔吐症には、脾胃経の気の調整をします。
    驚き、恐れ、悲みからの、嘔吐症には、腎経の気の調整をします。
  • 二、漢方薬での「嘔吐症」の治療方法は、
  • 暑邪に侵され時の治療法は、涼しくする清涼剤の漢方薬を処方します。
    「停食」消化不良になる食もたれには消化剤を処方します。
    「痰聚」症状、胃部のもたれには気を巡らし胃を温める処方します。
    「つわり症状」の場合は、嘔吐の治療だけでなく、婦人病を考えて処方します。
    二日酔いは、苦しんでもほっとけばいいです。
  • 「嘔吐症」の治療方法での注意点。
  • 嘔吐の病状に対して、決して、軽々しく「利藥」吐き気止めや下剤を用いてはいけませんよ。
    嘔吐の症状があり、腹が痛んで大きくなっている時は、その原因をよく診断した後に適切な治療をしなさい。
    例えば、
    一、子供の嘔吐で、腹痛、緊張した症状には、温めて治療するのが良いです。
    二、腹が痛んで大きくなっている時は、「食滯」で体のどこかに故障があると考えその治療をした後に下剤を用いてよい。
  • まとめ、「三因詳論及此、不可不審。
    内因、外因、飲食の邪を不内外因として三因を審(つまび)らかにして治療をします。

以上、「胃は人間の中心、胃と嘔吐症。」のお話し、を終わります。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
詳しくはHPをリンクしてご覧頂ければ幸いです。
井上恵理先生の講義録「南北経驗醫方大成による病証論」第八、嘔吐・HP
http://yukkurido.jp/keiro/bkb/mk/8ot/
『難経ポイント』 第五難
※ 中脉(ちゅうみゃく)について。
(井上恵理先生の難経第五難講演より。山口一誠の考察文章含む。)
http://yukkurido.jp/keiro/nankei/5nan-2/
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
※ 「気の絵本」の「webデザイナー」編集者を募集中です。
 あるいは協力できる方。
「気の絵本」の原稿と絵画(パステルアート)は当方で用意いたします。
※ 「気の絵本」電子書籍での制作を計画しています。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。
ヘッダー トップページ お問い合わせ サイトマップ 地図