病因論

                               経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

  病因論

                       項目 番号 c104

病気が起きる原因は大きく分けると三つあります。

 ① 内因

  • これは七情という感情です。
    七情は、怒、喜、憂、思、悲、驚、恐の感情ことを言います。
    内面的な感情が強くなり過ぎ消耗された結果、
    七情を担当する肝心脾肺腎の五臓が虚してきます。
    そこに、外邪が侵入して発病します。

 ② 外因

  • 外邪が身体に作用して起こります。
  • これは六淫の外邪です。
  • 風・寒・暑・湿・燥・火の六種の外からの病邪を六淫の邪と言います。

 ③ 不外内因

  • 暴飲暴食と働きすぎ、遊びすぎです。
  • アルコールの飲みすぎと、胃腸を冷やす飲み物食べ物がいけません。
  • 身体に無理を強いる活動もいけないことになります。

 

経絡鍼灸 教科書 トップコーナ へ

ヘッダー トップページ お問い合わせ サイトマップ 地図